目的とねらい

誰もが自分らしく健康で長生きしたいと願います。平穏な死をむかえたいとも思います。老年期に多い病気について、最新の医療が開く可能性や、話題になっている平穏死とは何か、などについて学びます。

開催日と会場

第3金曜(⑨⑩は木曜)
13:30~15:00
会場:烏丸学舎
定員:50名

講義内容

講義内容と講師 月/日
①頭の話
森信人専門医(京都民医連中央病院神経内科医長)
4/19(金)
②がん
野崎明医師(京都民医連中央病院化学療法科医長)
5/17(金)
③白内障と加齢黄斑変性症
中川紘子医師(京都民医連太子道診療所眼科専門医)
北澤耕司医師(京都民医連太子道診療所眼科専門医)
6/21(金)
④ロコモティブ・シンドローム─足腰の話
中川洋寿医師(京都民医連中央病院整形外科科長)
7/19(金)
⑤うつ─高齢者のこころの病気
安東一郎意医師(京都民医連中央病院精神神経科科長)
9/20(金)
⑥失禁、前立腺、痔─しもの話
前川幹夫医師(京都民医連中央病院泌尿器科科長)
松田直樹医師(京都民医連中央病院大腸肛門科顧問)
10/18(金)
⑦糖尿病と腎臓病
木下千春医師(京都民医連中央病院腎臓・透析内科科長)
11/15(金)
⑧救急─いのちを救う
四方典裕医師(京都民医連中央病院救急科科長)
12/20(金)
⑨歯の病気とケア
平田高士歯科医師(京都府歯科保険医協会理事・あさくら診療所歯科)
2/21(金)
⑩平穏な死─看取る
垣田敬治(元学校法人川崎学園理事、元ワシントン大学助教授)
3/21(金)