目的とねらい

映像の時代です。我々は今、スマホ、パソコン、4Kテレビ、デジカメなど、人類が持ち得た最高の映像技術を享受できる時代になったのです。誰でもボタンを押せば簡単に映像が得られるようになりました。露出やピントに苦労して暗いファインダーを覗いて写真を撮った昭和生まれにとって夢のような時代です。それならば誰もが唸るような写真を撮りたいと思いませんか。初心者でも写真がうまくなる実践を中心にした講座ができました。どうぞ気軽に参加してください。

会場

河原町学舎意外に現地集合・現地解散の回があります。
(入場料が必要な場合あり)

定員

30名(15名×2班)

講師

並河一郎(リアリズム写真家集団京都支部長)
玉井敏夫((リアリズム写真家集団京都支部会員)

日程

4月から9がつまでの計10回の講座です。
第1・第3木曜日10:00~12:00(ただし5月は第2・第3木曜日)
(日程等は一部変更になる場合があります)

持ち物

デジタルカメラ

1.写真の始まりは紀元前から:4月6日(木)
集 合:河原町学舎
・写真の歴史、アナログからデジタルカメラへ
・カメラの写る仕組みを簡単に知る基礎講座
・映像を決めるのは、感度、ピント、露出、色温度

2.まず撮ってみよう!人物写真は光が命:4月20日(木)
集 合:河原町学舎
・早速やってみよう、カメラの構え方、シャッタ-の押し方
・二人が一組になってお互いの写真を撮る
・人物を魅力的にする写真の撮り方、光の取り入れ方

3.植物園で思う存分花を撮る:5月11日(木)
集 合:府立植物園正門
・絞り優先で花を魅力的に撮る
・露出倍数、角度を変えてじっくり花を撮る
要入園料200円

4.植物園の花を他の人はどうとったのか:5月18日(木)
集 合:河原町学舎
・各自、良いと思う写真を2L版で3~5枚提出
・どこがよかったのか講師と対話、そしてみんなの意見は
・人の作品をたくさん見る、参考になったかな

5.伏見稲荷神社で不思議を撮ろう:6月1日(木)
集 合:稲荷神社「1の鳥居」
・馬屋の赤いトンネル以外でも見どころいっぱい!
・構図と光に注意しておもしろい写真をめざそう

6.伏見稲荷神社で他の人は何を見たのか:6月15日(木)
集 合:河原町学舎
・伏見稲荷の不思議写真、2L版で3~5枚提出
・自分の気に入ったところを言ってください
・たくさんの作品と寸評を参考にがんばろう!

7.動物園で動物の新しい発見をしよう:7月6日(木)
集 合:動物園正門
・望遠レンズとシャッターブレ、どう使いこなすか
・動物の可愛さ、意外な側面、何を見つけるか
要入園料500円

8.動物の表情を他の人はどうとらえたのか:7月20日(木)
集 合:河原町学舎
・気に入った写真を2L版3~5枚を提出
・キャッチアイ、ブレはどうでしょうか
・他の人の写真と講師の批評を参考に一皮むけるか

9.祇園花見小路はカメラマンの聖地:9月7日(木)
集 合:祇園「一力」前
・京都らしさ、楽しさ、和の心を撮ろう
・じっくりと注意深く見つめること、ハロー視覚はダメ!
・構図、光、色、一瞬を見つける、やることはたくさんある

10.グランプリ決定!金賞・銀賞・銅賞あなたは?:9月21日(木)
集 合:河原町学舎
・祇園のMY傑作を2L版3~5枚を提出、全員の作品を並べる
・講師を中心に各作品の良い点、気になる点を言い合う
・2回目からの作品をて3点提出、グランプリ審査佳作あり