目的とねらい

超高齢社会に向かっているいまの日本において、高齢者自身が現在および近未来の日本の政治・経済・社会問題を理解し、情勢を正しく踏まえた生き方や社会的諸活動に取り組むことが、ますます重要になっています。生きがいある高齢期の生活を築くために、この講座を準備しました。第4期からは、大学のゼミに準じるイメージで、責任講師(勝村 誠教授)が全講座に出席して講座を運営します。

会場

河原町学舎

定員

50名

責任講師

勝村誠(立命館大学政策科学部学部教授)

日程

第3水曜日(ただし、4・5・12月は日程変更) 14:00~16:00
(日程等は一部変更になる場合があります)

1.「戦争と平和のあいだで考える―民主主義論から」【公開講座】:4月8日(金)
岡野八代(同志社大学大学院教授、京都96条の会代表)

2.立憲国家の光と影(日本の近現代史と合同講座):5月27日(金)
原田 敬一(佛教大学歴史学部教授)

3.ここがおかしい日本の政治:6月15日(水)
勝村誠(立命.政策科学部教授)

4.日本は近隣諸国とどう付き合うべきか:7月20日(水)
勝村誠(立命.政策科学部教授)

★受講者討論講座「TPP保険市場の開放とアメリカ保険業界の戦略」:8月17日(水)
横山雄介(京滋労働組合共済会専務)

5.日本国憲法と自民党憲法改正草案:9月21日(水)
諸富 健(市民共同法律事務所弁護士)

6.人類と宇宙:10月19日(水)
池内 了(天文学者・名古屋大学名誉教授)

7.高齢者の貧困:11月16日(水)(予定)
吉永 純(花大.社会福祉学部教授)

8.異次元緩和と株式市場:12月19日(月)
松本 朗(立命.経済学部教授)

9.火山と原発:2月15日(水)
井口正人(京都大学防災研究所教授)

10.京都の労働者の状態:3月15日(水)
梶川 憲(京都総評議長)