目的とねらい

日本の近現代史を学び直す。高校では十分学べなかった「日本近現代史」は、近年めざましく研究が進んできました。それらを現在高校で使われている教科書『新日本史A』(実教出版)で確認しながら、どのような考えや研究のもとに近現代史に対する視野が広がってきたのか、をもう一度学びます。講師は、岩波新書シリーズ日本近現代史(第3巻『日清・日露戦争』)や「週刊朝日百科日本史」編集委員を務めた、近現代史研究家です。

会場

河原町学舎

定員

50名

責任講師

原田敬一(佛教大学歴史学部教授) :全日程担当

日程

第4金曜14:00 ~ 16:00

テキスト

「新日本史A」(実教出版)
※テキスト代は受講費に含む

1 幕末・維新
19世紀の東アジア社会はどのようなもので、西欧の登場はどのような「衝撃」を与えたのでしょうか。
4/24(金)
2 民権と憲法
西欧の国民国家をモデルとする日本の運動は、憲法を創りだし、東アジアに影響を与えていきます。
5/22(金)
3 日清・日露戦争
近代日本は、東アジアでの軍事国家への道を歩み始め、二つの大国と衝突しました。
6/26(金)
4 大正デモクラシー
軍事大国への道を歩み始めた近代日本では、民主主義を求める民衆運動が広がり始め、東アジアをも変えていきます。
7/24(金)
5 満洲事変から日中戦争へ
関東軍や軍部の進める路線は、東アジアを軍事的に制圧し、民衆や国家と対立を深めていきます。
9/25(金)
6 アジア太平洋戦争
日中戦争に行き詰まった日本は、英米との戦争という道を選択しました。
10/23(金)
7 占領と改革
ポツダム宣言を受諾した日本は、連合国軍の占領と改革の実現を受けとめました。
11/27(金)
8 高度成長
電化とモータリゼーションという分野を中心に進んだ高度成長は、生活と社会をどのように変えたのでしょうか。
12/25(金)
9 ポスト戦後社会
9・11と3・11という激変を受けて日本社会はどこへ行こうとしているのでしょうか。
2/26(金)
10 日本の近現代史をどう見るか
50年戦争と戦後70年で捉えることのできる日本の近現代史。
3/25(金)