目的とねらい

寿命は年々伸びていますが、健康寿命(健康上問題なく日常生活ができる)の差は男性9.02年、女性は12.4年で、誰もが自分らしく健康で長生きしたいと願っています。高齢期に多い病気や体の特徴、健康づくりに役立つ知識を京都各地でご活躍されている専門家の諸先生に分かりやすく解説していただきます。

会場

河原町学舎

定員

50名

責任講師

四方 典裕(京都民医連中央病院副院長)

日程

第1木曜日 14:00 ~ 16:00

1 ロコモティブシンドローム・骨粗鬆症
村上 純一(京都民医連中央病院 整形外科医師)
4/2(木)
2 おしりの話
渡邊 賢治(渡邊肛門科医院 院長)
5/7(木)
3 認知症を知ろう
杉本 英造(杉本医院 院長)
6/4(木)
4 食べて元気~食事を楽しむ~
樹山 敏子(京都訪問栄養士ネット 管理栄養士)
7/2(木)
5 いつまでも自分の口でおいしく食べられますように
高木 康里(たかぎ歯科医院 院長)
9/3(木)
6 おしっこで診る生活習慣病
木下 千春(京都民医連中央病院 腎・透析科科長)
10/1(木)
7 転ばぬ先のつえ、転倒予防と体操
鍵井 一浩(明石病院 医療技術部部長 理学療法士)
11/5(木)
8 高齢者の心身の特徴
長谷川 美智子(京都民医連中央病院 老人看護専門看護師)
12/3(木)
9 高齢者のこころの病気
安東 一郎(京都民医連中央病院 精神神経科科長)
2/4(木)
10 救急(いのちを救う)心臓病
四方 典裕(京都民医連中央病院副院長 救急科科長)
3/3(木)