受講者20名中19名の参加で開催され、本年度最初の講座だったので「自己紹介」から始めました。高槻市から2名、大阪市1名、南丹市・宇治市など遠方からの参加者や、福祉施設でマジックを披露してあげたいとか、昨年度「見学して面白かったので、通年で受講したい」と参加動機を話してくれました。
【お花がぱっと咲いた】というカード作りから始まり、完成したカードを持ってグループ毎に前に立ち「腕前」を披露しあいました。最初に花が咲いてない絵を見せてジョウロで水を掛ける真似をして、カードを裏返しておまじないを掛けて裏返すと「花が咲いているカード」になるという手品でした。人前で演技するのは恥ずかしさもあって中々難しいものでしたが、全員無事に楽しく演じることが出来ました。
【簡単おもしろ手品】では、空の牛乳パックを筒状にしてから水を注いでも、パックからは水は漏れません。パックを逆さまにすると水が出てくる予定でしたが、先生は水が苦手なようで何度か失敗してしまいました。(ご愛敬・・・)
休憩時間には「恒例」の飴を配っていただいて、予定通りの時間に終了することが出来ました。次回のお楽しみ・・・

「楽しいマジック」は昨年度後半から始まりましtが、今年は威年を通して開催されます。第1回目は4月23日、講師に富岡清子さん(YMCAマジッククラブ会員)を迎え、下川瑠璃子さん(同 会員)がアシスタントで受講生をサポートしていただきます。