2016年度入学式をかねた岡野八代先生(同志社大学大学院教授)による第1回「時事問題を考える」講座(公開講座212名出席)は、西洋政治史にも触れながら、安倍暴走内閣の危険と民主主義論を語られました。入学式の様子と公開講座の動画を公開していますので、是非ご覧ください。

三輪正直学長の祝辞を受ける四期生入学式の様子 『個人の尊厳は、民主主義の本質のひとつであり、戦争とは相いれない!…アメリカと一緒になって世界のどこででも戦争できる国にする集団的自衛権の行使容認:戦争法を強行する安倍内閣の