京の職人―匠のしごと③(6/24)は「錦織の美―伝統織物を継承する」をテーマに、2つのグループに分かれて実演の見学と工程や作品の解説、美しい錦織作品の解説を龍村周さん(株式会社龍村光峯代表取締役・錦の伝統織物作家)から受けました。

 300色以上の糸を織り込んで美術作品が完成する錦織。元来「錦」は日本の絹織物の最高峰で世界でも希少。光峯錦織工房にお邪魔し、この伝統や技を守りながら「錦の美」を研究し、伝える仕事を学びました。工房での実演作業の見学や解

『バイオの世界』講座③(6/19)は、長浜バイオ大学教授の植月太一先生により、「夢の医療技術?発生工学から再生医療への歩み」をテーマにわかりやすく説明していただきました。

最先端のお話だけに、受講者はみな最後まで聞き入っていました。受講者の層も様々なので、今回は、初歩的なお話を中心に展開されました。前置きでは、”発生工学”という比較的新しい言葉についても説明。命が発生するときに人工的な手を