『バイオの世界』第4回(7/18)は、「体を見守る免疫の役者たち」のテーマで、長浜バイオ大学教授:新蔵礼子先生により、免疫について、最新のお話しをわかりやすく解説していただきました。

■病原菌などの外敵から私たちを守るため、体の中では私たちが気づかない内にミクロの戦士が戦っている。今回はその様々な戦士の紹介を最新の科学研究の成果をおり込みながら、興味深いお話を展開されました。■「そもそも免疫とは」から

京の都の歴史と文化④(7/17)は、京都府立大学教授の上田純一先生による「京都の禅寺と茶」・・・お茶がどのように日本に伝えられ、どのように普及してきたのかを、記録となる古文書や出土品などに基づいての講座でした。

お茶の原産地は中国の雲南省や四川省周辺と言われていますが、記録としては紀元前1世紀半頃(前漢)の『僮約』(奴隷についての記述)に「四川省の武陽に茶を買いに行く」という記事が最古らしく、8世紀(唐代)になると一般にも普及し