今年度から新規開講した「百人一首で、京都を歩く」は、早くも受講者の方々から「この場所に立ってみないと分からないことがあるんですね。ここにこんな通りがあって、こんな石碑があって……歴史上のあの人がここに生きたことにドキドキします」と声が上がる人気講座です。

 河田久章(京都百人一首かるた研究会代表)さんを責任講師として、二回目(5/9)の今月は「京都御苑周辺の百人一首ゆかり」をテーマに歩きます。今回は「悲劇の歌人」として名高い崇徳天皇、菅原道真、三条天皇ゆかりの地を中心に歩

「山科の歴史・魅力探訪」講座は、欠席者が少なく、参加率が非常に高い講座です。 第2回目(5/2)のガイドは地元「ふるさとの会」の浅井定雄さんと林伸行さんが講師で、解説がよく聞こえるように2班に分けて実施されます。

「ふるさとの会」歴史部会の詳細な資料を作成していただき、スタッフの方が10名ほど付いていただけるので安全面でも質問するにも気軽に聞けてありがたいです。 5月2日の第2回講座では、出発地の地下鉄御陵駅から、まずかつて東海道