2017年度の「宗教の世界」第2回目(5/10)は、仁和寺(真言宗御室派総本山)を訪ね、立部祐道師(真言宗御室派管長・総本山仁和寺第50世門跡)に法話を頂きました。法話の後は2班に分かれてお坊さんの案内で拝観・見学。

 今回は「一味和合(いちみわごう)」という題で、仁和寺の立部祐道師に法話を頂きました。開口一番「今日は……『高齢者大学』とお聞きしておりましたが…確かに『高齢者』…大学ですなあ」と受講者の笑いを誘う、気さくな立部講師。「

 今年度から新規開講した「百人一首で、京都を歩く」は、早くも受講者の方々から「この場所に立ってみないと分からないことがあるんですね。ここにこんな通りがあって、こんな石碑があって……歴史上のあの人がここに生きたことにドキドキします」と声が上がる人気講座です。

 河田久章(京都百人一首かるた研究会代表)さんを責任講師として、二回目(5/9)の今月は「京都御苑周辺の百人一首ゆかり」をテーマに歩きます。今回は「悲劇の歌人」として名高い崇徳天皇、菅原道真、三条天皇ゆかりの地を中心に歩