2016年度 京都高齢者大学校 講座案内

注目

2016年1月14日付で京都府の後援が決定しました。
2016年3月1日付で京都市教育委員会の後援が決定しました。

講座案内

受講方法などの詳細は「募集要項」をご覧ください。

1.時事問題を考える
第3水曜日(ただし、4・5・12月は日程変更) 14:00~16:00
2.健康講座
第1木曜日(ただし、5月・11月は第4木曜日) 14:00~16:00
3.京の都の歴史と文化
第3木曜日 14:00~16:00
4.バイオの世界
第3金曜日14:00~16:00
5.宗教の世界
 ●3/16 定員に達したため締め切りました。
第2水曜日 14:00~16:00
6.劇を創る―高齢者の創造活動
第1・第2・第3火曜日 13:30~16:30
(舞台発表会に向けて9月は毎週火曜日、発表会前日はリハーサル)
8月は休講
7.うたごえと音楽
第2木曜日 14:00~16:00
8.芭蕉と旅する『奥の細道』―旅の真実に迫る―
第3火曜日 14時~16時
9.京の職人―匠のしごと―
第4水曜日(ただし11月、12月のみ第3月曜日) 14:00~16:00
8月も開講、1・3月は休講
10.日本の近現代史
第4金曜(ただし、8は第3月曜日) 14:00~16:00
11.ぶらり京のまちあるき
 ●1/21 定員に達したため締め切りました。
第4木曜日 10時~12時(小雨決行)
12.意外とオモロイぞっ!植物園
 ●2/8 定員に達したため締め切りました。
4月第1金曜日 7月・11月、2月は第2金曜日 いずれも13:30~16:00
13.楽しいマジック
第4火曜日(ただし12月は第2火曜日) 14 : 00~16 : 00
14.パソコン講座
毎週金曜日(8月は休講) 13:30~15:30

※日程等は一部変更になる場合があります。

2015年度修了式典、2016年度入学式典の様子を公開しました

2016年3月25日(金)に開催されました「京都高齢者大学 2015年度 第3期生 修了式典」、および2016年4月8日(金)に開催されました「京都高齢者大学校 2016年度 第4期生 入学式典」の様子を公開しました。
当日ご参加いただけなかった方も是非ご覧ください。

2016年4月8日(金)

京都高齢者大学校 2016年度 第4期生 入学式典 第1部 入学式(約83.8MB)

2016年4月8日(金)

京都高齢者大学校 2016年度 第4期生 入学式典 第2部 記念特別講座 「戦争と平和のあいだで考える-民主主義論論から」(約198MB)
岡野 八代(同志社大学大学院教授)

2016年3月25日(金)

京都高齢者大学 2015年度 第3期生 修了式典 第1部 記念特別講座 「日本の近現代史をどうみるか」(約249MB)
原田 敬一(佛教大学歴史学部教授)

2016年3月25日(金)

京都高齢者大学 2015年度 第3期生 修了式典 第2部 修了式(約135MB)

2016年度入学式をかねた岡野八代先生(同志社大学大学院教授)による第1回「時事問題を考える」講座(公開講座212名出席)は、西洋政治史にも触れながら、安倍暴走内閣の危険と民衆主義論を語られました。入学式の様子と公開講座の動画を公開していますので、是非ご覧ください。

入学式・公開講座160408 014三輪正直学長の祝辞を受ける四期生入学式の様子入学式・公開講座160408 038 入学式・公開講座160408 030
『個人の尊厳は、民主主義の本質のひとつであり、戦争とは相いれない!…アメリカと一緒になって世界のどこででも戦争できる国にする集団的自衛権の行使容認:戦争法を強行する安倍内閣の政治は、もはや民主主義とはいえない。日本国憲法の「平和主義」、憲法第9条を著しく踏みにじる政治が断行されたことに国民の多くが不安を感じています。18世紀初頭の政治哲学者ジャン=ジャック・ルソーの言葉を借りれば、「議員は国民の使用人でしかなく、国民自らが承認できない法律は黙法であり、断じて従うべき法律ではない…!」国民の声に議員が従おうとしないなら、みんなが反対の声を大きくあげなければならない。みんなが反対の声をあげること…それこそ、20世紀の残酷な国家暴力としての戦争をへて築き上げた民主主義であり、現行憲法の平和主義・民主主義、個人の尊厳を守る活動です。』と、18世紀初頭の政治哲学者ジャン=ジャック・ルソーの民主主義思想の紹介を軸に、16 ~17世紀の「絶対王政」の時代から、如何にして近代民主主義思想が生まれてきたのかを解説しつつ、安倍暴走政治がいかに危険な政治なのかについて、平和を求める市民の運動と民主主義論の関係を、講師の専門である西洋政治史の歴史を振り返りながら学びました。

健康講座2016年度第一回講座(4/7)は大岡越前、太陽王ルイ14世を悩ませ、ナポレオン皇帝の運命すら変えた痔。人々を悩ませる肛門まわりの病気について、肛門一筋三代目の渡邉医院の渡邉賢治先生(渡邉肛門科医院院長・京都府保険医協会副理事長)に「おしりの健康」をテーマに教わりました。

健康講座①160407 007 健康講座①160407 014渡邉先生のお話はとてもわかりやすく、世間一般に「痔」と言われる疾患は、いろいろな疾患名と状態があり、それぞれにふさわしい治し方があることに驚きます。「痔の手術」イコール「怖い!」「痛い!」という印象を持っておられる方も多いですが、技術は日進月歩。手術にまで至らず治せる方法、痛くない手術などなどが紹介され、もう「痔になっても安心」と胸を撫で下ろしました。何といっても「国民病」と言われる痔。歴史上の人物も例外ではありません。なんと松尾芭蕉も「切れ痔」に悩んで、句を詠んでいるそうです。太陽王ルイ14世が、家臣団の見守る中、壮麗なるベルサイユ宮殿で受けた痔の手術。渡邉先生に「快便の秘訣」「便秘を治す4つのポイント」を教えていただきました。
★★便秘を治す4つのポイント★★

  • 便のもとになる食物繊維を取って便の量を増やす
  • 水分を十分に取って、柔らかく形の有る便にする
  • 便がしたくなったら我慢せずにしっかり出す
  • 便秘を治す下剤を正しく飲む

意外にオモロイぞっ!植物園①(4/1)が2016年度最初の講座で、松谷茂先生(京都府立植物園名誉園長、京都府立大学客員教授)から「太陽ばんざい!」と題してこれから満開を迎える桜を中心に解説の後、園内のそぞろ歩きで説明を受け、たくさんの発見もできました。

植物園①160401 097植物園①160401 008 植物園93年の歴史も振り返りながら、主題は桜。「秋の紅葉が寒さの到来、桜の開花が春を実感する日本人の心の文化」と表現。美しい桜も太陽の光が当たらなければ咲くことができない。奈良時代の花は梅。平安時代から桜が愛でられ、鎌倉時代から多くの品種が生まれ、受け継がれてきた。一般的にはソメイヨシノだが、花びらの枚数や花の色も様々。種々の種類で咲く期間も10月から5月までとバライティに富む。植物園会館での解説は日本各地の桜処も織り交ぜながら画像で様々の種類を紹介。中でも京都は有名処が多い。桜観賞は花がない時期や花の正面から、横から、裏から観ると特徴がよくわかる。講義の後は園内の見所を松谷先生が解説しながらそぞろ歩き。出発点の会館入口のフタバアオイの花は茎の根元で満開、葉をかき分けなければ見えない。ユズリハのいわれや、生き抜く戦略で沼の中で呼吸ができないため沼地から上に根を張る沼スギなど興味をそそります。道々で質問が飛び交い、そのたびに新しい発見があります。結びは北山通入口の西に60種類もの桜の品種を集めたエリアで講義を振り返るなど、密度の濃い、楽しい講座となりました。

京都高齢者大学の事務局からのお詫び

手薄な事務局体制の中で、2016年度の開校準備に追われて、11月以降の講座の様子を更新できませんでした。すでに2016年度の講座が始まった中で、2015年度の未紹介講座の様子は講座風景の写真を中心に紹介させていただきます。2016年度の講座の紹介を引き続きお楽しみください。

日本の近現代史⑩(3/25)は2015年度の修了式の記念公開講座で、締めくくり講座。原田敬一先生(佛教大学歴史学部教授)から「ポスト戦後社会」をテーマに、9.11と3.11の激変を受けて日本社会の行方について解説の講義していただきました。その講義は動画を公開していますので、是非ご覧ください。

160325 008 160325 073 160325 084

京の職人―匠の仕事⑩(3/23)は「九千年にわたる漆の文化-漆塗のハケは女性の髪の毛」と題して、下出祐太郎先生(下出蒔絵司所三代目、伝統工芸士、学術博士、京都工芸繊維大学伝統みらい教育センター特任教授)から画像も駆使して蒔絵の歴史や美しさ、作品の制作過程などを解説していただきました。

京の職人⑩160323蒔絵 018 京の職人⑩160323蒔絵 025漆は東アジアのみに生息し、10年たった1本の木から約牛乳瓶ほどしか採取できない貴重なもの。漆文化は日本で出土された現存する出土品では福井県・鳥浜貝塚遺跡で発見された約5000年前の縄文時代のもの。世界では中国の6500年前。それより以前の北海道の出土品は9000年前の最古のものだが、すべて焼失してしまった。この漆は接着剤、塗料、絵の具として使用され、何度も上乗りして金やプラチナ、貝殻など何百の素材を使ってちりばめた美術工芸品の蒔絵は日本独自の技術として受け継がれてきた。塗り、描き、蒔くハケなどの道具は用途によって女性の髪の毛、ネズミや猫の毛、葦で作った紛筒などを使し、その現物も触らせていただきました。近年合成樹脂やプラスチックの出現、印刷技術の発展などで使い捨てや物を大事に使わないなど時代の変化がある。技術を継承し、地球環境を守るためにも大事に使ってほしいと締めくくられました。

バイオの世界⑩(3/18)は「放射線から身を守る術とは?-放射線を怖がる前に知っておきたいウソとホント-」をテーマに、中島裕夫先生(大阪医学部講師)に講義していただきました。

バイオの世界⑩160318 021バイオの世界⑩160318 004広島・長崎の原爆投下、ビキニでの第五福竜丸事件後、福島の原発事故で放射線への関心が高まり、敏感になっている。しかし、私たちの知識は先入観や勘違い、思い込みも多い。名前を知り、ポイントを押さえた学習が日治安維持法用です。自然界ではα線、β線、X線等空気中に放射線が飛んでいるが、どれだけの線量で生物に障害を与えるのかなど、正しく理解しておくことが重要です。原爆投下の犠牲者のほとんどが爆風と熱による犠牲者で、福島居住のうち、多い人で100mSv(ミリシーベルト=線量)の被ばく量。人体に自覚症状が出てくるのは1000 mSv以上で、500 mSvでリンパ球減少がみられる。4000 mSvで50%が死亡、8000 mSvで100%死亡する。法的線量限度は、一般公衆が1 mSv/年、放射線従事者は50 mSv/年、医療被曝は医療上の利益のために制限されていない(ちなみに消化管透視で3 mSv)。等々分かりやすく解説していただき、時間を忘れて多くの質問が相次ぎ、関心の高さをうかがわせました。

京の都の歴史と文化⑩(3/17)は「日本の近代を記録した丹後出身の作家―『女工哀史』を遺し語り継いだ夫と妻」のテーマで井口和起先生(元京都府立大学学長、京都府立資料館顧問)をお迎えした。

歴史と文化⑩160317 020歴史と文化⑩160317 006テーマの副題は「京都の平和・民主主義運動の先駆者たちから学ぶために」で、丹後半島・加悦町で生まれ、『女工哀史』を執筆した小説家細井和喜蔵とその妻・としをの生涯を解説。和喜蔵は世相を記録した『女工哀史』を1924年に出版。その翌月28歳で病死。その印税は細井和喜蔵遺志会に全額渡り、「解放運動無名戦士の墓」の墓碑を建立することになる。としをは後に「わたしの『女工哀史』」などを出版した労働運動家で全日本自由労働組合初代委員長。河上肇、山本宣治から蜷川虎三まで、現代京都を造った人々にも触れながら、和喜蔵は現代京都の先駆者としての興味深い解説でした。

時事問題を考える⑩(3/14)の最終講座は、「日本と世界の食糧問題」をテーマに松原豊彦先生(立命館大学副学長)から直面する食糧危機の現状と課題について講義を受けました。

時事問題⑩160314食料問題 061あと40年で世界の人口は百億人に達します。日本の食料自給率は39%…これは、世界の主要先進国の中でワースト1位。お米以外、ほとんどの食糧を輸入に頼っています。このままでは、すでに始まっている食糧価格の高騰の時代に飲みこまれてしまいます。
もしも食糧危機になった場合、各国は自国内の供給を優先して、国外への食糧輸出を控えます。そうなれば、日本は国内生産で食料供給をまかないきれません。忍び寄る世界食料危機と食料安保問題を、どうするのか? 生き残るために、いま何をすべきか…真剣に生活と社会の在り方を考え直すべきときです。