2016年度 京都高齢者大学校 講座案内

注目

2016年1月14日付で京都府の後援が決定しました。
2016年3月1日付で京都市教育委員会の後援が決定しました。

講座案内

受講方法などの詳細は「募集要項」をご覧ください。

1.時事問題を考える
第3水曜日(ただし、4・5・12月は日程変更) 14:00~16:00
2.健康講座
第1木曜日(ただし、5月・11月は第4木曜日) 14:00~16:00
3.京の都の歴史と文化
第3木曜日 14:00~16:00
4.バイオの世界
第3金曜日14:00~16:00
5.宗教の世界
 ●3/16 定員に達したため締め切りました。
第2水曜日 14:00~16:00
6.劇を創る―高齢者の創造活動
第1・第2・第3火曜日 13:30~16:30
(舞台発表会に向けて9月は毎週火曜日、発表会前日はリハーサル)
8月は休講
7.うたごえと音楽
第2木曜日 14:00~16:00
8.芭蕉と旅する『奥の細道』―旅の真実に迫る―
第3火曜日 14時~16時
9.京の職人―匠のしごと―
第4水曜日(ただし11月、12月のみ第3月曜日) 14:00~16:00
8月も開講、1・3月は休講
10.日本の近現代史
第4金曜(ただし、8は第3月曜日) 14:00~16:00
11.ぶらり京のまちあるき
 ●1/21 定員に達したため締め切りました。
第4木曜日 10時~12時(小雨決行)
12.意外とオモロイぞっ!植物園
 ●2/8 定員に達したため締め切りました。
4月第1金曜日 7月・11月、2月は第2金曜日 いずれも13:30~16:00
13.楽しいマジック
第4火曜日(ただし12月は第2火曜日) 14 : 00~16 : 00
14.パソコン講座
毎週金曜日(8月は休講) 13:30~15:30

※日程等は一部変更になる場合があります。

健康づくりに役立つ知識を専門家の先生に分かりやすく教えていただく「健康講座」の第2回目(5/26)は「百歳の心臓・血管の話」です。吉中丈志(京都民医連中央病院院長)に、心臓や血管の仕組みや病気について、詳しく教わりました。

健康講座②160526 039 健康講座②160526 056吉中先生の優しくゆったりとした関西弁で語られる心臓・血管のお話は、難しいこともすっと頭に入ってきます。心臓は1日に10万回も、それも自動的に脈を打っていることに改めて驚きます。「動いてるの感じられへんけど。止まったらどうしよう」という受講者の声に、吉中先生は「自動で動いてるんですわ。心臓が止まってる人がここに来てはったら、怖いですわ」とひょうきんに答えられて講義が進みます。エコノミークラス症候群、血管を上下水道にたとえての解説、高血圧と動脈硬化の関係、いろいろな手術の方法など知っておけば予防に努められる知識をたくさん教わりました。後半は、現在104歳で百メートル走や砲丸投げに活躍(ギネスブックに認定、世界記録保持者)されている男性の映像(なんと心臓の動画も!)を見て、健康維持に役立つ知識を教わりました。動脈硬化等の危険因子は、⓵喫煙⓶糖尿病⓷高脂血症⓸肥満⓹運動不足であり、引き金となる因子は㋐過労㋑睡眠不足㋒激務㋓ストレスだそうです。最近の労働環境はストレスが高く、経済状況も厳しいので、健康に注意しながら働く必要があると吉中先生は危惧されていました。講義に登場した百歳の男性のようなしなやかな心臓としなやかな生き方を目指したいですね。

『京の職人―匠のしごと―』第2回(5/25)は「宮大工の伝統技術とその継承」。宮大工の横川総一郎さん(有限会社匠弘堂代表取締役)は、故岡本弘・宮大工棟梁の元で徹底的に修業をされた方。故岡本棟梁の「人をきっちり育てることが伝統技術を正しく継承する方法」の言葉を実践する横川さんに、宮大工の仕事や工法、そして人間力を学びました。

京の職人②160525宮大工 029京の職人②160525宮大工 020耳にしたことがあっても実際にはよく知らない「宮大工」さん。現役でバリバリ活躍しながら、有限会社匠弘堂(宮大工が運営する「社寺建築の設計・施工」の集団)を率いる第一人者の横川さんに、たっぷりと教わりました。匠弘堂は宮大工棟梁の故岡本弘さんに学んだ弟子たちが作った会社で、故岡本棟梁の十二の教え(「誠、感、備、学、謝、順、礼、能、謙、束、命、継」という漢字で表されます)を実践・引き継ぎながら素晴らしい社寺建築を行っています。実際に請け負った建築(東京港区の八角堂)の伝統的な工法を丁寧に説明していただきながら、故岡本弘棟梁の十二の教えが受講者の心にも沁みいります。横川さんは、若い社員さんには「脱いだ靴を揃える」「お店でお礼を言う」を必ず守らせるようにし、自らトイレ掃除を日課にしているそうです。伝統を引き継いでいくのは、何よりも人間力。技と人を育てる奥義についてじっくりと教えて頂きました。

「宗教の世界」第2回(5/23)は、小堀泰巌老大師(臨済宗建仁寺派管長)に「栄西禅師と建仁寺」と題して法話を頂きました。日本最古の禅宗のお寺として有名な建仁寺。気温が33度まで上がった初夏の陽気の下、緑豊かな境内で心中に涼風が吹きぬけるお話を頂きました。

宗教②建仁寺160523 032宗教②建仁寺160523 049宗教②建仁寺160523 026「よくお越しくださいました」、小堀泰巌老大師(写真)の読経で鍛えられた力強い声に、一気に引きこまれて法話が始まりました。建仁寺を創建された栄西禅師の生い立ち、二度の中国への渡航、旅の困難さ、お茶の種を日本に持ち帰られ広めていく経緯、そして建仁寺流の建築(栄西禅師は二度目の渡航時に大工を連れて勉強させているそうです)の確立、と淀みなく語られる歴史は、目の前で映像を見ているようです。私たちが当たり前にお茶を飲めるのは、栄西禅師が「人々を救いたい」と考えられ、禅宗を広め、お茶を広めてくださったからだと心打たれます。法話の後に法堂(はっとう)等を案内してくださったお坊さんにも「さすがに良い声ですねえ」との受講者の声がかかるなかで、日本最古の茶道の作法、失せ物が戻るご利益のある仏様のお話などをして頂き、感心しきりの2時間でした。晴れ上がった空から厳しい日差しが降り注ぐ中、静かな佇まいの建仁寺で心洗われる時間を受講者たちは過ごしました。

『バイオの世界』第2回(5/20)のテーマは「ウイルス、細菌とその運び手となる空気中の微粒子を検出する」。ウイルスや細菌、最近話題のPM2.5といった私たちの健康に深く関わる物質について、長浜バイオ大学で最も若い教授・長谷川慎先生から熱意のこもったお話が展開されました。

バイオの世界②160520 022バイオの世界②160520 004冒頭で「専門をわかりやすく一般の方にお話しするのはむつかしいもので、今日は、緊張しながらも楽しみにやってまいりました」と長谷川先生が明るい声で講義を始められ、受講者の緊張が一気にほぐれました。講義は、第一部「健康を脅かすウイルスや病原菌、アレルギー物質を検出する」、第二部「フィールドワークのためにアフリカに行く」の二部構成。■第一部は、長谷川先生の研究者人生の端緒から始まり➡光とは何か➡現代科学は光とは切っても切り離せない➡光の応用(高速道路のオレンジ色のランプの原理は、なんと高校の理科で習っているそうです)➡光というエネルギーを利用してウイルスを検出する装置を完成させ➡その装置の開発経験を踏まえてPM2.5のような空気中の微粒子を検出する技術の開発へ…と展開され、「光の存在」にも驚かされる一時間でした。■第二部は、映画にもなった「風に立つライオン」のケニアへ。ケニアで研究をする意義、ケニアでの経験(現地の小学生に、「ジャッキー・チェン」と呼びかけられたそうです)、ケニアでのフィールドワークを紹介される中で、これからの研究課題「PM2.5が運ぶ微生物がどのように健康に影響するか」を語られる長谷川先生の熱い言葉に受講者も引きこまれる後半でした。「ケニアの空は真っ青だけれど、空気中には大量の微粒子が漂い、病気感染の運び手にもなっている。見えないけれど、それが我々の生きている環境」というお話が印象的でした。
■受講者感想より:日常では空気を意識することはないので空気中の微粒子の話を聴けてよかった。ケニアの具体的な現地のこともわかり、研究の面白さが伝わってきた。「人に役立つ研究がしたい」とおっしゃった先生の言葉が印象的でした。(女性62歳・新入生)

京都人でも実はあまり知らない「京の都の歴史と文化」。今年度の第2回目(5/19)は密教美術の宝庫である「東寺の歴史と文化財」です。教室ではなく、なんと東寺で!東寺文化財保護課長の新見康子さんに直接講義をして頂きました。東寺の創建から現在に至るまでの歴史、建築の持つ意味、仏像や宝物品の紹介を通じて、「京の正倉院」とも言われる東寺の歴史的意義と未来について学びました。

歴史と文化②160519東寺 009 歴史と文化②160519東寺 021東寺のプロ中のプロ、東寺文化財保護課長の新見康子さんの講義は、①弘法大師空海と東寺の伽藍(弘法大師と建物の関係)②弘法大師・空海の宝物―弘法大師御請来品とゆかりの品③弘法大師空海の宝物を守る―東寺の宝物保護、という3つのテーマに沿って行われました。甲子園球場が3つ入る広大な敷地に現存する講堂(立体曼陀羅は必見)、日本で一番高い五重塔(京都のシンボルとして有名ですね)などを実際に目の当たりにしながらうかがう新見先生のお話は、歴史絵巻を目の前で広げてみせてくださるようでした。「弘法大師様は生きておられる」という信仰に基づいて行われる御影供(みえく)から始まる「弘法さん」の市(毎月21日に東寺境内で行われる市)、火災・戦乱から宝物をいかに守るかの闘いなど、目から鱗が落ちてばかりの講座でした。 次回は「雑学 祇園祭」です。7月の1カ月をかけて行われる祇園祭のお話です。楽しみですね!

「芭蕉と旅する『おくの細道』」②(5/17)は「出羽三山―この山中の微細、他言することを禁ず」。今回は「おくの細道」後半の「最上川」「出羽三山」等の章を、一字一句を丁寧に解説頂きながら学びました。待望の「旅の真実に迫る」部分も、芭蕉の旅程の不思議さを踏まえて、たーっぷり堪能させて頂きました。

芭蕉と旅する②160517 001第2回目、まずは旅の全体像と各章を重ね合わせ二重写しにしながら、旅の全貌と芭蕉という人そのものを浮かび上がらせる導入部となりました。芭蕉自身の俳句は圧倒的に旅の後半に集中していること、風のように通り過ぎる藩と先を急がない不可思議な日程の藩の謎、「おくの細道」には記録されていないが曽良の随行日記には現れる場所、名句とされるものは実は後で推敲している作品が多い……など「旅の真実」にぐいぐいと迫っていきました。その謎が渦巻く旅の中でも、華やぎと寂しさの両方を意識しながら格調高い文学作品を作るという芭蕉の力量に心打たれる第2回の講義となりました。
次回は第3回「象潟―松島は笑うがごとく象潟は憾むがごとし」。すぐれない体調の中で詠まれる命の叫びを堪能させて頂けそうです。

うたごえと音楽②(5/12)は前回に続いてテーマ曲10の楽譜から、好きな曲をそれぞれが2曲選んだものを『思えば歌が変わる』をテーマにしてさらに深めていきます。

うたごえと音楽②150612 001今回は、「劇を創る」講座の3名が発声の練習も兼ねて見学受講をしました。『歌えば声は伸びる』が前回のテーマで、今回はさらに『歌に思いを込める』ことを目指します。前半は声慣らしに皆で10曲を歌い、好きな曲2曲を選んだグループごとに山本忠生講師の指導と橋本典子さんのピアノ伴奏で声の出し方と思いの伝え方を学びます。後半は選曲のうちの1曲を1人で歌い、「言葉の意味を大切にして気持ちを乗せて」「歌っていて一番気持ちのいいところ、一番好きなところは?」「緊張しないで、体重をしっかり下げて」「思うと声の表情が変わります」「歌のどこにこだわるかをつかめば歌いやすくなる」「民謡は声の出し方が少し違うので考えて歌おう」など、一人ひとりに適切なアドバイスとほめ言葉で緊張した1回目の歌と2回、3回の唄の表現が的確に変わっていくのがよくわかります。『一人で歌うことで自分の中にある音楽が変わっていくことを体験することで、合唱するときに生きてくる。一人ひとりがきちんと歌うことが大切です』これが結びの言葉です。次回は混声合唱、同声合唱に挑みます。

ぶらり京都のまち歩き①(4/28)は今年新規に開講しましたが、たちまち定員達し、急遽講師の方々にお願いして定員を増やしていただきました。第1回目は「西陣のまちあるき」です。

まちあるき①西陣160428 012古武博司さん(西陣の町屋・ふるたけ主掌・上京探訪シナリオ研究会)、豊田博一さん(京都商工会議所事務局長・上京探訪シナリオ研究会)を講師に、鷲頭雅浩さん(東山区長・上京探訪シナリオ研究会)の協力もいただき、2班に分かれて解説を受けながら西陣のまちを約3キロのコースを歩きます。あいにくの小雨の中、かつて機音が絶えなかった地の町屋の並ぶ地を出発点に、町屋の解説、大奥・桂昌院邸、応仁の乱の西の総大将・山名宗全邸跡などをたどります。町衆が私財をなげうって建てた番組小学校・西陣小学校(明治2年建設)、生産拠点であった路地の三上屋敷、西陣の風情を残した石畳の大国町、智恵光院通りに面した源義経が奥州に出発した地・首途八幡宮など丁寧な解説が続きます。今出川大宮付近は昭和30年代銀行、運送会社などが密集して「千両ケ辻」と呼ばれて栄た地域。南に下がって江戸時代の大名屋敷の並んだ大宮通から一条通を経て、千利休の屋敷跡で、陰陽師・安倍清明を祀る清明神社、西陣織会館が終着点。「上京区は政治、経済、文化、歴史が凝縮しており、何回歩いても必ず新しい発見がある街。今回の西陣とともに同志社・寒梅館の『東陣』も見どころいっぱいです。またの機会に是非歩きましょう」と古武さんは結びます。楽しい解説ありがとうございました。

「劇を創る―高齢者の創造活動」は今年で4年目。荒木昭夫さん(京都児童青少年演劇協会代表世話人・京都高齢者生活協同組合理事長)の指導で、受講生が蓄えてきたそれぞれの薀蓄を整理し、経験を系統的に構築して「創造活動」の素材にします。

芭蕉と旅する①160419 005第4期生7人の受講で月3回の講座が始まりました。荒木先生から、第3期までの経過説明があり、昨年度は府立文化芸樹会館で開かれた「京都演劇フェスティバル」に招待されて上演し、成功したとの報告もありました。例年のように最初は、受講生が今、考えていること、印象に残っていることを絵で表現し、描いた絵についてそれぞれがその思いを語るところからシナリオ作りに入ります。認知症・ロボット・スマホ・平和行進等など、いろいろな思いが語られ、シナリオのプロットが出来上がったところです。6月にシナリオが完成し、本読み、立稽古に入る予定です。10月4日の作品発表会上演をお楽しみに。

京の職人―匠のしごと①(4/24)第1回目の講義。法華経の七宝(金、銀、珊瑚、めのう等)にもなぞらえられる「七宝焼」という美しい工芸をご存知でしょうか?今回は、七宝作家の野村ひろみさん((有)ヒロミ・アート代表取締役、京七宝協同組合理事長)の導きで、京都の七宝から旅立ち、世界へ、古代へとめぐる「京七宝と世界の七宝」を旅しました。

京の職人①七宝160427 037京の職人①七宝160427 029宝石にも見まがう七宝焼は、金属の土台にガラス質の釉薬をかけて750度ほどの温度で焼成する工芸品です。なんとエジプトのツタンカーメンの髭が七宝ではないかと言われているそうです。七宝焼は、紀元前600年頃にはすでにケルト文化に登場し、ヨーロッパではキリスト教と一体化して大流行します。その技術は東の中国へ伝来し、1450年頃(明王朝)には、中国でも超絶技巧の七宝焼を生産。日本では、飛鳥時代の古墳や正倉院御物に初めて精巧な七宝が登場します。飛行機も大型船もない時代に、美へ憧れる人の心が、七宝を世界の西の端から東の端へとたどり着かせたのです。その後、七宝焼は日本の和室文化の中で花開き、釘隠しや襖の引き手に意匠を凝らした逸品が桂離宮や西本願寺に残ります。遥か古代の西方から時間も場所も超えて、今私たちが触れることができる宝――七宝焼。現代では大型の美術品から小さなアクセサリーまで、私たちの身の回りを彩っています。