2016年度 京都高齢者大学校 講座案内

注目

2016年1月14日付で京都府の後援が決定しました。
2016年3月1日付で京都市教育委員会の後援が決定しました。

講座案内

受講方法などの詳細は「募集要項」をご覧ください。

1.時事問題を考える
第3水曜日(ただし、4・5・12月は日程変更) 14:00~16:00
2.健康講座
第1木曜日(ただし、5月・11月は第4木曜日) 14:00~16:00
3.京の都の歴史と文化
第3木曜日 14:00~16:00
4.バイオの世界
第3金曜日14:00~16:00
5.宗教の世界
 ●3/16 定員に達したため締め切りました。
第2水曜日 14:00~16:00
6.劇を創る―高齢者の創造活動
第1・第2・第3火曜日 13:30~16:30
(舞台発表会に向けて9月は毎週火曜日、発表会前日はリハーサル)
8月は休講
7.うたごえと音楽
第2木曜日 14:00~16:00
8.芭蕉と旅する『奥の細道』―旅の真実に迫る―
第3火曜日 14時~16時
9.京の職人―匠のしごと―
第4水曜日(ただし11月、12月のみ第3月曜日) 14:00~16:00
8月も開講、1・3月は休講
10.日本の近現代史
第4金曜(ただし、8は第3月曜日) 14:00~16:00
11.ぶらり京のまちあるき
 ●1/21 定員に達したため締め切りました。
第4木曜日 10時~12時(小雨決行)
12.意外とオモロイぞっ!植物園
 ●2/8 定員に達したため締め切りました。
4月第1金曜日 7月・11月、2月は第2金曜日 いずれも13:30~16:00
13.楽しいマジック
第4火曜日(ただし12月は第2火曜日) 14 : 00~16 : 00
14.パソコン講座
毎週金曜日(8月は休講) 13:30~15:30

※日程等は一部変更になる場合があります。

「意外とオモロイぞっ!植物園」第2回(夏)は、京都府立植物園名誉園長(知る人ぞ知る名物園長!京都府立大学客員教授)の松谷茂先生に「亜熱帯の京都、そこで生き抜く植物たち」を画像での解説を真夏にふさわしく熱く!実際の見学も熱く!解説していただきました。

植物園②160708 048植物園②160708 015松谷名物園長の明るい元気な声で「梅雨の花木と言えば?!」という問いかけから始まった講座。答える受講者も「タイサンボク!」といきなり勉強熱心ぶりを表す返答でノリノリです。それを受けてタイサンボク、アジサイを熱く語りだされる松谷園長は、続けてサルスベリ、キキョウ、ムクゲ、……と夏の花木の生き残り戦略を、花の先・形・色から葉の色・形、幹や枝など植物全体に渡って注目することの面白さを全身全霊で教えてくださいます。トケイソウが自ら動く瞬間を息をのんで見つめる受講者たちの目は子供さながらの輝き。講義の後に、会館前のタイサンボクは目の高さに白く大きな花が観察できます。香りを楽しむ、「タイサンボクの葉っぱの色は?」「緑?」「裏返してみると茶色です」と、鑑賞の仕方、面白さを熱く解説。植物園内を歩いて実際に講義に出てきた植物を見て回る受講者たちは大盛り上がりで、本当に夏休みの子供たちのように生き生きとしていました。園内そぞろ歩きの最後は、講義で感動したトケイソウの実物を北山入口付近の花園で鑑賞しました。今年の夏休みは植物園にまた是非行きたくなりますね!

「健康講座」第4回目(7/7)は山田一雄先生(山田皮膚科医院院長)に「乳幼児~小児の皮膚疾患や皮膚のメンテナンス」という題でお話を頂きました。京都弁でざっくばらんな雰囲気で、幅広い話題に触れながら進められる講座に受講者は楽しみながら参加しました。

健康講座④160707皮膚科 014健康講座④160707皮膚科 008「楽しんでもらいたい」という山田先生の第一声に、受講者は一気に和みムードに。自身の母校、京都府立医大の沿革、明治時代の皮膚科の教育に使われた模型(ムラージュという蝋細工で疾患の模型を作っていたそうです。フランスから職人もたくさん招いたとか)など多彩な話題を織り交ぜながら、乳幼児の皮膚疾患について分かり易く解説されます。太田母斑、苺状血管腫、アトピー性皮膚炎、いぼ、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群など、よく耳にする疾患から耳慣れない疾患まで、その症状・治療法や薬の良い面悪い面について教えて頂きました。蒙古班は白色人種にはほとんど見られないので海外では「虐待であると通報されることがある」ことや、「ケツが青い」の由来であるなど興味深いお話ばかりでした。山田先生は、古来からあった日本語病名(「くさ(湿疹)」「ほろせ(蕁麻疹)」等)が失われ、よく分からないまま西洋医学の病名を使うことで、患者さんと医療者の間に誤解が生じることを心配されています。「ぶつぶつがある」「赤くなって痒い」など「自分の言葉で」症状を説明した方が、よい診察が受けられるようです。

日本の近現代史③(6/24)は「西欧のアジアと日本のアジア」と題して、毎回の原田敬一先生(佛教大学歴史学部教授)による近代の日本がアジアとか変わろうとしたのかの講義です。

近現代史③160624 017近現代史③160624 008アヘン戦争(1839)、アロー戦争(第2次アヘン戦争1856年)以来、進出してきた西欧と、明治維新で軍事強化を図った近代日本は、どのようにアジアと関わろうとしてきたのでしょうか。
 1853年、米東インド艦隊司令長官ペリーが浦賀へ来て開国を求めます。翌54年の交渉で①下田・函館の開港、②米船への物資補給、③漂流民の保護などを内容とする日米和親条約が結ばれます。58年、駐日米総領事ハリスとの交渉で、大老井伊直弼が日米修好通商条約を結びますが、その内容は、関税自治権の喪失、治外法権など不平等条約でした。貿易が盛んになることにより国内は品不足となり物価の高騰を招きます。対外危機と幕府批判が高まり、政権を朝廷に返す大政奉還へとつながり明治維新を迎えます。明治政府は軍事力を背景に国境を画定する路線をとり、「兵備完成の事は実に我が国の最大急務」(山縣有朋・軍事意見書)とする軍事国家への道をつき進みます。

ぶらり京都のまちあるき③(6/23)は平安京のほぼ西端に位置する京都アスニ―(丸太町七本松西)に集合、豊田博一さん(上京探訪シナリオ研究会・元上京区長)と古武博司さん(上京探訪シナリオ研究会・西陣の町屋・古武主宰)の案内で2班に分かれて「平安のみやこを訪ねて」歩きます。11月に東山区をご案内いただく鷲頭雅浩さん(現東山区長)にも参加して頂きました。

まちあるき③160623平安京 016
集合場所の京都アスニー1階には平安京の立体模型が設置されて、東西御前~大宮、南北二条通~一条通の平安京の都の当時のイメージを持って一番の中心地を歩きます。当時の宴会場として使われた豊楽殿跡、大極殿遺址碑から千本下立売を東に入り、794年に誕生した平安京の中心地の大内裏へ。北の方向に広がる天皇の住む内裏や官庁街の広さを実感しながら、○○殿跡跡などの源氏物語ゆかりの碑をながら歴史の解説を受けます。960年代以降、治安状態の悪化などで、内裏は14回焼失、1200年代に焼失してから荒れ地に変わっていく。1391年の3代将軍足利義満と山名家が戦った明徳の乱は大内裏地域が合戦場となった。1587年に豊臣秀吉によって大内裏の位置を意識して、その東北1/4位を使って聚楽第を創り、5・6年後にはことごとく壊したその遺構・南端堀跡、木簡や金を含んだ瓦などたくさん出土されている。智恵光院出水角の公園には終戦直前の1945年6月に空襲で被弾し、約50人が犠牲となったことを記した碑が設置されて今も地域で追悼がされている。
その北側で5年ほど前に京都府警の建物建設地で聚楽第の本丸南堀石垣が出土し、騒がれたことを覚えている人も多いでしょう。この地を最後に体験勉強になった「まちあるき」を終了しました。このマップは上京区役所ロビーにありますので、誰でも入手できます。

「劇を創る」講座の6月の3回は意見を出し合って完成した台本の読み込みと、腹式呼吸による発声練習を繰り返します。

劇を創る⑥60510 008劇を創る⑧160614 004 6月21日は本読み稽古の最終日で、例によって腹式呼吸の訓練から始まりました。受講生の皆さんは休憩もとらず、3時間ぶっ通しの稽古でした。劇のクライマックスに登場するトランペットを吹いていただく方も初めて参加していただきました。演出の荒木先生との打ち合わせもはかどり、先生からの注文で開幕のファンファーレも吹いていただくことになりました。昨年はギター演奏が劇を盛り上げましたが、今年はトランペットが響きます。どんな登場になるかは、お楽しみにお待ちください。7月からはいよいよ立稽古が始まり、10月4日の本番まで続きます。その間には、皆で舞台装置、衣装、小道具のアイデアを練り、揃えなければなりません。舞台に立つだけでなく、裏方の仕事もやるのも劇を創る楽しみの一つだと思います。

「京の職人―匠のしごと―」第三回目(6/22)は、型染めの伝統工芸士である吉江康二さん(有限会社 吉江染工場代表取締役)に「京友禅の歴史と制作現場の声」を届けて頂きました。当たり前に耳にする「京友禅」という言葉。しかし、京友禅について知っていることって、とっても少ないのではないでしょうか?着物や染色の歴史・技術を学ぶことを通して「着ること」に改めて目を向ける講義となりました。

京の職人③160622 011 京の職人③160622 015講義は、まず絹がインドで生まれたところから始まりました。その絹がヨーロッパや中国へ伝わり(シルク・ロード)、中国から朝鮮を経て東の終着点の日本へたどり着きます。同時に着色(当時はまだ「染」色ではないそうです)の技術が伝わり、日本国内の政情や文化の発展に合わせて、着物の形や着色・染色の技術が工夫されていきます。そして、江戸時代中期に大プロデューサー宮崎友禅斎が現れ、明治時代に現れた広瀬治助によって現代の型染め友禅が完成したことなどを、型染め友禅の全工程の動画を見ながら教わりました。受講者たちは、非常に複雑で多様な手仕事の工程を経て京友禅の着物が完成することを初めて知り、美しい着物の向こうにある膨大な手間暇に思いを馳せました。吉江さんは、インクジェットプリンタによる布地の印刷等の新技術も紹介され、受講者からは伝統と新技術の狭間を意識した質問が熱心に行われました。当たり前の「京友禅」や「着ること」、でも知らないことばかりであることを知る2時間となりました。直接工場見学できないかの要望も出て、吉江社長のご厚意で後日、希望者が参加する番外講座が実現します。

「芭蕉と旅する『奥の細道』―旅の真実に迫る―」第三回(6/21)は、「象潟―松島は笑うがごとく象潟は憾むがごとし」。日本海側に入った芭蕉の旅もいよいよ佳境を迎え、講師の光田和伸先生(前国際日本文化研究センター准教授)のお話も江戸時代・古代・現代と縦横無尽に駆け巡り「奥の細道」の真実に迫ります。

奥の細道③160621 011奥の細道③160621 007山形県の羽黒山を発って鶴岡へ入る「酒田」の章から、今回の旅は始まりました。先生が朗々と読み上げられる芭蕉の簡潔な名文に酔いしれながら、「象潟」へと向かいます。ひとつひとつの俳句にひそむ日本語の文法(母音融合による「字余り」の意味など)や、芭蕉が踏まえていたであろう教養(漢詩と「暑き日を海に入れたり最上川」の関係)、象潟の「象」の語源と「ギザ十」(縁がギザギザの十円玉)の関係など、時間も場所も超えて芭蕉という巨人の世界を教えて頂く2時間でした。
次回は、折り紙つきの名句を残す越後路。短い章ですが中身の濃い、暑い暑い越後路です。お楽しみに。

「バイオの世界」第3回目(6/17)は長浜バイオ大学の中村肇伸・准教授による「再生医療研究の最前線~医療の未来を切り開く研究~」です。病気やケガで失った体の組織や機能を取り戻すips細胞による「再生医療」の実現が世界で期待されています。その再生医療の歴史、研究、発見、そして最先端の研究の今について、基礎からじっくりと教えて頂きました。

バイオの世界③160617 014
バイオの世界③160617 039■「再生医療」とは「幹細胞を用いてケガや病気で損傷を受けた生体機能を復元する最先端の医療技術」です。非常に難しい講義なのではないかと心して挑んだ受講者は、颯爽と登場された中村肇伸先生の若さと熱意、ひょうきんな話術(「肇伸の肇は、ハナ肇の肇、と言っても、ハナ肇を知る人が少なくなって困ります」とのことです)に心をほぐされて講義は始まりました。■多くのカラフルでわかりやすいスライドを使って、受精卵から生物が発生する過程、いろいろな臓器や神経になることができる細胞(多能性幹細胞・ES細胞など)の発見、卵子や精子は遺伝情報を次世代に伝える機能しか持たないのに受精して着床するとすべての種類の細胞に分化することができる全能性を再獲得すること、iPS細胞の成功の鍵、再生医療の問題点(拒絶反応と倫理性)をiPS細胞が克服しつつある点、クローンとは何か、クローン動物の利用法(体細胞クローン肉牛なら脂のサシまでコピーできるとか)、そして加齢黄斑変性症候群やパーキンソン病の治療の可能性、などなど…非常に盛りだくさんながら、常に笑いを交えながら分かり易く教えて頂きました。■わたしたち人間や生物をかたちづくる遺伝子の不思議さ・偉大さに胸が熱くなる2時間でした。■受講生の一言感想紹介。「ips細胞は、難しい分野と思っていましたが、とてもわかりやすく、知識が広がりました。先生のお話に引き込まれていきました。もっと勉強したいです。」(女性73歳)

京の都の歴史と文化③(6/16)のテーマは 『雑学「祇園祭」』~巡行の歴史・山鉾建て・山鉾巡行などについて~。講師は、(NPO)京都観光文化を考える会・都草の理事・芦田喜雄さんです。「コンコンチキチ コンチキチ」のBGMを流しつつ、豊富な写真画像で紹介していただきながらの講義でした。

歴史と文化③160616祇園祭 036歴史と文化③160616祇園祭 031「祇園祭」の名称は、多分ですが、知らない人はいないでしょう。ましてや京都の人々にとっては、身近なイベントです、よね。でも、身近なだけに、いつでも行けるし、見られるし、暑い時期やし、観光客が一杯やし、鉾町の人間でも無いしなどなど、いろんな理由付けて、あまりにも知らなすぎて今日まで過ごして来たのではないでしょうか?
そこで今回は、「祇園祭」の基本編。まず「歴史」、起源は863年、疫病の蔓延に対して厄除けや無病息災を祈念して始まり、970年より官祭となる・・・・中略。そんなことより、普段あんまり考えないいろんなことがありますよね。山と鉾とか傘とか、巡行順路やら籤取りやら稚児とか、あの鉾って重量はどれほど、祇園囃子ってどんな、粽(ちまき)って何、などなど、2時間でのお話には限界がありますが、祇園祭を見る目の基本を語っていただきました。講義の最後は初級検定試験で、過半数が70点以上で合格、満点も1名いました。
祇園祭ももうすぐ、山や鉾の観察をするなら、巡行当日の朝7時頃から、まだ人々がほとんどいない時間帯に鉾町に出かけるのがお勧めとのことです。何をどうみるかのポイントの一端を講座ではお話しいただきました。が、初心者はまず見に出かけて、とりあえず見ましょう。来年の6月は今回の続編の講座があるかも知れません。

時事問題を考える③(6/15)はこの講座のコーディネーター・勝村誠先生(立命館大学政策科学部教授)の「ここがおかしい日本の政治」をテーマに講義していただきました。

時事問題③160615 002時事問題 035第3次安倍改造政権の閣僚のうち、25人中22人までもが神道政治連盟(神政連)の会員…その安倍首相の最終目標は「改憲」です。安倍首相は、参議院選挙でも憲法改正を公約にしています。しかし、自民党の改憲草案はまさに戦時中の体制そのものです。
日本の国のすがたが戦前にもどされようとしている?
いったい日本の政治はどうなっているのか?
神道政治連盟とは、いったいどういうものなのか?
時事コース第3回目講義は、「ここがおかしい日本の政治」をテーマに安倍政治と首相の政治目標について講義をしていただきました。